2006年04月14日

現在の成果

わかりにくいと思いますが、管理人は「犯罪暴露」と同一人物です。

こういった活動はなかなか成果が出ずに「自己満足」だと思われる方が
いても仕方ありません。

ネット上での書き込みと違い実際に行動を起こすわけですから、
かなりの準備期間がかかります

サイトを立ち上げた以上「自己満足」で終わらせる気はありません。

現在の成果としては、新聞社が取材募集に来たくらいですが、
結果を必ず出します。
posted by 告発者(管理人) at 21:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 「旧被害者の会」の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなことを言うとバッシングされてしまいそうですが・・・。
友人が佐藤栄の教員で、よく仕事の愚痴とか話してお互い励ましあったりしているのだが、やっぱりこのサイトのことを知っていて、複雑な思いを語ってくれました。
自分の置かれている職場の環境を改善するためには、外部の人間からの指摘や何らかの影響が必要。サイトに書かれていることも、大部分は大げさで結局自分のことしか考えてない奴の書き込みが多いから誤解されているところもある。しかし共感を持てるところや自分の意見を代弁してくれているところもあり、ありがたく思う。
(ここ重要!)正直、こういうサイトが増えて学園が攻撃されて、そこで泣くのは佐藤一家ではなく、下っ端の自分たちだ。・・・と。
 私もこの言葉を聞いて思いました。学園が潰れれば職を失う人が出る。結局 つらい思いをするのは、頑張っている職員なのかもしれません。
そういうことも考えて、管理人さん、このサイトの趣旨を検討してください。
Posted by 公立高校教員 at 2006年05月04日 12:07
佐藤栄学園の教員の中に常識的で民主的な教員がいます。父母と提携していることも知っています。ただ、職場があまりにも大きく、栄太郎をトップに上意下達がいきわたっていて、教員がぎゅうぎゅうずめに管理されているようです。忠誠を誓ったような教員が幅をきかせているのでしょうね。教員同士の密告のような世界になつているようです。民主的な教員が少しずつ増えて時間をかけながら改革が行われていくといいですね。学校が潰れていいと思っている人はいないわけですから。
Posted by 公立中教員 at 2006年05月07日 17:04
思うんですけど、脱税が発覚する前にもこのサイトはできたんじゃないですか?脱税がないとしても、尋常じゃない実態多すぎですよ。損害賠償で訴える手もあったはず…
Posted by OB at 2006年05月09日 13:54

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。